格安スマホへの乗り換えで失敗しないために

悩んでいる男性

格安スマホへの乗り換えで注意すべきことがあります。それを知る前に格安スマホを契約してしまうと後悔する可能性があります。

 

乗り換えの際にはまず気をつけなければいけないこと。それは今どこの回線を使っているかどうかです。

 

docomoの場合には、格安スマホの回線は多くがdocomoなので、UQ mobileやmineoのau回線以外であればそのままdocomoの中古スマホでも使用可能です。SIMロックの解除も必要なくMNPしてSIMカードを変更後にANP設定すれば使用可能です。

 

auの場合には、格安スマホでau回線を使っているのがUQ mobileやmineoのau回線しかありません。ですので、必然的に2社から選択することになります。auのスマホにdocomoのSIMカードをさしても電話ができません。SIMロック解除してもです。ですので、auの中古スマホにはau対応の格安スマホを選びましょう。この機会にdocomo回線に乗り換えるという手もあります。auスマートバリューなどはauの格安スマホでは適応外で割引はありません。ですので、auのインターネットLTE回線や電話回線が使えるという以外にメリットはないでしょう。

 

softbankの回線を使っている場合、そのままsoftbank回線やスマホを利用したいならY!mobileが格安スマホでsoftbank回線を唯一使っている会社になります。ただ、docomo回線と使っている回線バンドが似ているので今使っているsoftbankのスマホにdocomo系のSIMカードをさしても使える場合もありますが、使えない場合もありますのでY!mobileにしたくないなら、docomo系のMVNOをオススメします。MNPはどちらにせよ必要です。

 

その他格安スマホで詳しい情報を知りたい人はこちらのサイトをチェックしてください。

 

スマホとしての基本的な部分には大変満足できる機種

スマホ機種:AQUOS SERIE SHL25
去年の11月に前のスマホのバッテリーの持ちが悪くなったため機種変更に訪れたauショップの店員さんのお勧めで購入。バッテリーの持ちの良さで選んでもらいました。

 

画面の大きさは問題なし、大きめであるため小型の機種を探している場合は別ですが操作もしやすく見やすさを求めているなら良いと思います。

 

一番気になっていたバッテリーの持ちも良く、半年以上たった今でも外出先でネットを長時間見ても気にならないレベルで持続します。充電時間も早く、20%付近から充電して1時間半もすれば70%まで充電できます。

 

ただバッテリーが内蔵式のため、いざというときに予備のバッテリーなどを準備できないのが不満点です。

 

以前のスマホとの比較ですが熱もあまりなく、少なくとも持つのが嫌になったり気になるほどの発熱は無し。インターネットのスピードやゲームの動作も問題なく満足しています。

 

基本的に不満なく使っていたのですが最近になって音が出なくなる現象が多発しています。音楽を聴いている際はもちろんですが通話中にも発生し、この不具合が出るとアラームやカメラのシャッター音も消えてしまいます。通話中に声が聞こえなくなるのは致命的なため近いうちにショップに持っていく予定ですが大切に扱っており水濡れ等もなかったためこの点に関してはかなり不満です。

 

更新履歴